インビザライン診療のご案内

インビザラインとは?

インビザラインは透明に近く、付けていても目立ちにくい、アメリカ生まれのマウスピース型矯正装置です。ワイヤー、ブラケットの歯に固定させて矯正を行う治療法と違い、自分で脱着が可能ですので、食事のときも歯磨きのときも邪魔になりません。

[写真]インビザライン装着イメージ

歯並びが気になる方へ

・歯並びが原因で、これまでうまくしゃべれなかった。
・食事が上手にできない。
・歯並びが悪くてからかわれるのではないか?と思ったことがある。
・集中力が散漫になる。
・歯並びが悪くて人としゃべるのが恥ずかしい。
このような悩みやコンプレックスをお持ちの方には、矯正治療をおすすめしております。

これまでの矯正治療である金具治療だと、
・まず、見た目が悪い。
・取り外しができない。
・食事のときに邪魔。
・食事のあと食べかすがつく。
・歯磨きがしづらい。
・しゃべりにくい。
・金属アレルギーの方は装着できない。
など、多くの問題点がありました!

このような問題を解決したのがインビザラインです。
・マウスピースを付けていることに気づかれにくい。
→マウスピースは透明に近く、薄いプラスチックで出来ています。
・取り外しが可能なので快適。好きな食べ物やスポーツを楽しめます。
・つけるときに痛みがない。
・金属アレルギーの方でも問題ない。
・世界中で支持されているマウスピース。
・通院回数が少なくて済む。
・しゃべりやすい。

[写真]インビザライン装着イメージ

インビザラインで治療できる症例

  • 歯と歯の隙間がある方

  • でこぼこした歯並びの方

  • 上の歯が下の歯を覆い隠している方

  • 上の前歯より下の前歯が前に出てしまっている方

  • 上下の歯が噛合っていない方

インビザラインの矯正方法

1日に約17〜20時間装着していただきます。
食事や歯磨きのときなど必要なときに取り外せますので、それ以外は17〜20時間装着していただきます。
お手入れについて
インビザラインは脱着可能な装置なので、取り外して簡単に洗浄していただけます。
2週間ごとの交換
インビザラインは、ひとつのマウスピースで0.25mmずつ歯を移動させる設計になっています。そのため2週間ごとにマウスピースを交換していただきます。
定期チェック
1ヶ月〜2ヶ月を目安に通院していただきます。新しい段階のマウスピースをお渡しします。専門医が定期チェックと歯の動きの進捗を確認します。

インビザラインの治療の流れ

①お問合せ・カウンセリングのご予約
お電話または、メールによるお問合せまたは、無料カウンセリングのご予約をお願いします。
②無料相談
ご来院いただき、歯並びや矯正についてお悩み、困っていること、不安などなんでもお聞かせください。ここでは、概ねの治療可能かどうかを簡易的にお調べし、治療の概算金額をお伝えします。
③精密検査
④検査結果のご報告と治療の説明
⑤お口のケア(虫歯・歯周病などの検査、治療)
⑥クリンチェック
⑦インビザラインによる治療の開始
⑧矯正治療期間
⑨矯正装置の交換・進捗確認
⑩メンテナンス

よくあるご質問

Q.インビザラインの治療は痛いですか?
痛みは非常に少ないです。これまでの矯正装置と違い、金具が擦れて痛くなるなどの症状はありません。インビザラインはコンピュータを使って歯の動きを制御していますので、歯の痛みはほとんどありません。
Q.インビザラインの治療中に食事制限などありますか?
食事を制限することはありません。食事のときにはマウスピースを外していただくため、普通に食事を楽しんでいただけます。
Q.インビザラインの治療が出来ない場合もありますか?
残念ながら、できない方もいらっしゃいます。重度の歯周病、急性期の顎関節症のかたはおすすめできません。また、マウスピースを1日20時間装着できない方にもおすすめできません。
Q.インビザラインは何歳から治療できますか?
ある程度永久歯の生えたお子様であれば適応できますが、必ず専門の矯正医師に相談することをおすすめします。
Q.マウスピースをつけてうまく喋れるの?
装着したてのころは発音がしにくい場合がありますが、数日で慣れてくると普段どおりにしゃべれるようになります。